シロアリ・ゴキブリ・ネズミ・蜂駆除・害虫駆除・草刈・除草・毛虫・消毒・消防設備・保守点検・低料金・最安値

ホーム

>

消防設備

建物のオーナーやビル管理者様、学校・ホテルなど施設管理者様へ。
もっと安くなる可能性があります!
消防設備の費用見直しませんか?

消防設備点検費用の見直し

消防設備の設置は消防法により定められてます。

火災報知器、消火栓、スプリンクラー、消火器、誘導灯、避難ハシゴ、防火扉

消防法に基づいて消防設備の設置されている150㎡以上の防火対象物では半年に一度の消防設備点検の義務があります。点検業者は、メーカー系業者と防災点検専門業者に分かれますが、業者の切り替えにより経費削減が可能です。

無駄に消防費用を払ってると感じたら点検料金を見直すためにも一度、当社にご相談ください!

消防設備機器の定期点検・管理

消防設備点検とは、スプリンクラーや火災報知設備など各種消防用設備が、正常に動作するかどうかを確認するものです。建物における消防用設備は法律で定期点検が必要とされています。当社ではこれまで多くの消防設備点検を行ってきました。有資格者による消防設備点検および不具合発覚時の適切な対処などはおまかせください。

消防設備や防火対象物点検の料金は不明な点が多いため消防設備や防火対象物点検の料金も、いつでもすぐに見積もりをいたします。見積りは無料です。

何かご不明な点や不安等ありましたらお気軽にご相談ください。

点検回数は一年間に2回

一年間に2回の定期点検があります。
半年に1回外観点検と機能点検を行い、一年に1回総合点検を行います。

点検報告期限は少なくても一年に1回

■ 特定防火対象物(ホテル・飲食店・遊技場・病院等の不特定多数の人が出入りできるような建物)
 → 一年に1回

■ 非特定防火対象物(学校、共同住宅、作業場、事務所等 特定の人のみが出入りできる建物)
 → 三年に1回

点検の種類・内容

■ 外観点検

消防設備当の適正な設置・配置。損傷、変形、漏水等の有無。その他主として外観から判別できる事項を消防用設備等の種類等に応じ、告示で定める基準に従い確認することです。

■ 機能点検

消防設備等の機器の機能について外観から又は簡易的な操作をすることにより判別できる事項を消防用設備等の種類等に応じ、告示で定める基準に従い確認することです。

■ 総合点検

消防設備等もしくは一部を作動させ、又は当該消防設備等を使用することにより、当該消防設備等の総合的な機能を告示で定める基準に従って確認することです。

点検報告義務違反は30万円以下の罰金

建物の管理者は点検を行った後、消防機関へ報告することが消防法第17条により義務づけられています。
これに違反した場合は罰則として30万以下の罰金または拘留などが適用されます。

その他の害虫駆除(ダニ、ムカデ、クモ、蚊、チョウバエ、コバエ、ヤスデ)もうけたまわります!創業80余年の信頼と実績。調査・見積もりは無料です。
お申し込み&お問い合わせ:フリーダイヤル 0120-009-168 AM9:00~PM7:00

害虫駆除

  • シロアリ駆除
  • ゴキブリ駆除
  • ハチ駆除
  • コウモリ防除
  • ハト防除
  • ネズミ駆除

緑地管理

防カビ

消防設備

調査・見積もりは無料です。お申し込み&お問い合わせ:フリーダイヤル 0120-009-168 AM9:00~PM7:00

メールでのご相談はこちら

環境のトップ フェイスブック

環境のトップ スタッフブログ

ページトップへ